【続けるコツ】ブログを習慣に変えるなら科学的に正しい習慣のやり方を身につけよう【習慣化】

脳の仕組みのアイキャッチ画像

ブログを始めたことがあるけど挫折してしまった…

またブログを続けたいのになかなか続かない…

ブログを継続させて、何とかアフィリエイトを成功させたい…

あなたはこんな風に考えたことはないでしょうか?

 

物事を継続することは、簡単なように見えてとても難しいものです。

私も以前、ブログアフィリエイトで挫折した経験があるので、お気持ちはよくわかります。

しかし、今ではブログの習慣化に成功し、実際に報酬を得るまでに成長することができました。

 

これは、科学的に正しい習慣化の方法を実践したからに他なりません。

断言します。習慣が続かないのはあなたの意志が弱いからではありません。

後述するように、ちゃんとした理由があるのです。

 

ここでは、

  • なぜ習慣が続かないのか?
  • ブログを習慣づけるためにはどうすればよいのか?

を徹底的に解説していきます。

習慣づけるコツを知る前に、脳の仕組みを理解する

まずあなたに行っていただきたいのが「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」と「大脳新皮質(だいのうしんひしつ)」の理解です。

アフィリエイトの世界はしばしば「理屈を抜きにして手を動かせ」と言われるのですが、アフィリエイトを習慣化させるという意味では、脳の仕組みの理解が非常に重要です。

きちんと「ブログを続ける習慣」を手に入れるためにも、しっかりと理解しておきましょう。

「大脳辺縁系」と「大脳新皮質」…何やら難しそうに聞こえるかもしれませんが、それぞれの仕組みを分かりやすく簡単に説明していきます。

大脳辺縁系とは「感情」や「本能」を司る部分

大脳辺縁系とは、私たちの感情や本能を司っている脳の部位のことです。イラストで表すとこの部分です。

大脳辺縁系のイラスト

大脳辺縁系は私たちの本能を司っており、自分の身に危険が迫った時身の周りに変化が訪れたときに恐怖を感じるようになっています。

 

例えば、以下の文章を想像しながら読んでみてください。

 

あなたの目の前にナイフを持った男が現れました。その男はあなたの命を狙っているようです。

このとき、あなたならどうするでしょうか?

おそらく、自分の身を守るために逃走を試みるでしょう。

 

では次に、あなたはお腹を空かせたライオンがいる織の中に閉じ込められてしまいました。

逃げ場はどこにもありません。あなたならどうしますか?

この時は、おそらく「闘う」という選択をするでしょう。

いいえ、逃げ場がなくて戦わざるを得ないと言った方が正しいかもしれません。

 

このように、私たちは命の危機に瀕したとき、生物としての逃走・闘争本能を働かせて何とか生き残ろうとしします。

この逃走・闘争本能を司っているのが大脳辺縁系と呼ばれる脳の部位なのです。

 

私たちが危険を回避して過ごせるのは、大脳辺縁系が正常に働いているからです。

あなたの習慣が続かない理由。それは「大脳辺縁系」の仕業

厄介なことに、大脳辺縁系は「日常生活の変化」に対しても恐怖を感じて避けようとします。

例えば、あなたが新しくアフィリエイトを始めたとします。

アフィリエイトを始めたら情報収集は欠かさず行わなければなりませんし、ブログ運営者として情報発信にも努める必要があります。

とにかくやることがいっぱいです。

今までアフィリエイトを行ったことがない方にとっては、生活が大きく変わることでしょう。

つまり、日常生活に変化が訪れるのです。

 

するとどうなるか、あなたならもうお分かりでしょう。

そうです。大脳辺縁系が変化を嫌い、あなたのアフィリエイト作業をやめさせようとしてくるのです。

こんなことしなくても、今まで安全に暮らして来たじゃないか。それなら、しんどい思いをしてまで、こんなこと続ける必要はないだろう?」と悪魔のように囁くのです。

 

これはアフィリエイトに限った話ではありません。ダイエットを始めたら食事制限や筋トレ・有酸素運動と日常生活の変化が訪れます。

 

しかし、変化を嫌う大脳辺縁系が「ダイエットなんかしなくていいじゃないか。現状維持のままでも何も困ることはないだろ?」と、それをやめさせようとします。

 

このように、あなたの習慣が続かないのはあなたの意志が弱いからではないのです。

 

脳の仕組み上、仕方のないことなのです。

 

これを理解すれば、習慣が続かない人に対して「意志が弱い」と吐き捨てるのが如何に愚かなことかが分かりますね。

そう言う人は、こうした脳の仕組みを理解すらしていない癖に偉そうなことを言っているだけなので、無視しましょう。

 

意志の強さ云々じゃないんです。繰り返しますが、脳の仕組みがそうなっているから習慣が続かないのです。

 

後述のように、新しいことを初めて習慣化させるには「大脳辺縁系を騙し、味方につける」必要があります。

POINT!新しいことを始めようとしても挫折するのはあなたの意志が弱いからではない。これだけは覚えておいてください。

大脳新皮質とは「思考」や「判断」を司る部分

大脳新皮質とは、私たちの思考や判断を司っている脳の部位のことです。イラストで表すと以下の部分です。

大脳新皮質のイラスト

ご覧の通り大脳の大部分を占めているのが大脳新皮質です。

大脳新皮質は新しいことにチャレンジしたり、理性的な判断を下したり、新しいことを生み出すために思考したりすることから、「より良く生きるための脳」とも呼ばれています。

 

新しいことを初めて人生を変えよう!」と思うのは、この大脳新皮質の働きによるものなのです。

 

あなたにもチャレンジしてみたいことがたくさんあると思います。例えば、

  • 副業でアフィリエイトを始めて生活を楽にしたい
  • ゆくゆくはアフィリエイトで独立・開業したい
  • 英語の勉強をして外国人とコミュニケーションをとってみたい
  • ダイエットをして容姿を磨き、女性にモテるようになりたい
  • コミュニケーション能力を磨いて、もっと人脈を増やしたい

など、色々と「こうなりたい」という願望があると思います。これらはすべて大脳新皮質の働きによるものです。

 

そう考えると、大脳新皮質が「より良く生きるための脳」と称されるのも納得がいくと思います。

ちなみに大脳新皮質は、人間が進化する過程で肥大化していったと言われています。

 

つまり、脳の部位の中でも比較的新しい部位というわけです。

新しい習慣を身につけようとすると、脳内で大脳辺縁系と大脳新皮質がバトルする

新しい習慣を身につけようとすると「変化を嫌う大脳辺縁系」と「新しいことにチャレンジしたい大脳新皮質」が、脳内でバトルを繰り広げます。

 

悲しいことに、ほとんどの対決は「大脳辺縁系」が勝ってしまいます。

なぜなら、脳は基本的に「古い」方が強いからです。

人間の脳は大別すると大脳基底核(爬虫類脳)大脳辺縁系(哺乳類脳)大脳新皮質(人間脳)に分けられ、左から順番に古い脳となっています。

つまり、大脳辺縁系は大脳新皮質よりも古いので、ほとんどの場合大脳辺縁系が勝ってしまうということなのです。

 

では、大脳新皮質は決して大脳辺縁系に勝てないのか?と思うかもしれません。

確かに勝つのは困難でしょう。しかし、そもそも勝つ必要がないのです。

なぜなら、大脳辺縁系はやり方次第で味方になってくれるからです。

 

厄介な強敵を味方につければ、非常に心強い仲間になります。

RPGでいえば、強敵だったボスが味方のパーティに加わるようなものです。

では、大脳辺縁系を味方につけるのはどうすれば良いのか?具体的に解説していきます。

大脳辺縁系を騙して習慣を身につける具体的な方法とは?

大脳辺縁系を騙し、味方につける方法。それは、自分が新しく習慣づけたいことを「限りなく小さくする」という方法です。

先述のように、大脳辺縁系は変化を嫌うのですが「変化と認識できないほどの小さな変化」であれば、あなたの邪魔をしてきません。

例えばアフィリエイトを習慣化させたいのであれば、以下のような小さな変化を日常生活に取り入れます。

・1日1行以上は文章を書く

・1日1ページはアフィリエイト関連の書籍を読む

・1日1ページは情報商材を読む

・1日1通はメルマガを読む

・1日1つは記事のテーマを考える

「え?こんなバカバカしいほど小さくしてもいいの?」と思うかもしれません。

しかし実際は、こんなにバカバカしいほど小さいからこそ大脳辺縁系のフィルターをすり抜けられるのです。

 

上記はあくまで例ですが、こんな感じで「どんなに疲れていてもできる」くらいにハードルを下げてしまえば、大脳辺縁系は変化として認識しないので、どんなことでも身につけられます。

 

上記の例を参考に、あなたも新しく始めたい習慣を限りなく小さくしてみてください。

そして、それを必ず毎日行うようにしましょう。必ず毎日です。

安心してください。どんなに疲れていてもできることなので、仕事やプライベートが忙しくても簡単にこなせます。

補足

私の場合「1日1行は必ず文章を書く」ということを行っていました

習慣を身につけると大脳辺縁系がそれを守ろうとする

一度「小さな習慣」を身につけると、逆にそれをやめるのが難しくなります。

なぜなら、大脳辺縁系にとって「それをやめてしまうこと」が変化になってしまうからです。

例えば、新しい習慣を身につけたときに「今日は面倒だからいいや」とやめようとすると、

変化を嫌う大脳辺縁系が「いつもやってることを今日はやっていないのか?さっさとやるべきことを片付けろ」と命令してきます。

つまり、大脳辺縁系が新しい習慣を守ろうとするから、やめられなくなるのです。

 

身近な例でいえば、朝起きたときに歯を磨かないと落ち着かないという感覚です。

〇〇したあとは、これをしないと気持ちが落ち着かない」という感覚。あなたも経験ないでしょうか?

この感覚を生み出すことこそが、大脳辺縁系を味方につけるということです。

 

実際にアフィリエイトの習慣を身につけた私だからわかるのですが、時間的にアフィリエイトの作業ができない日は落ち着かなくて仕方がありません恋にも似た感情

 

そのときは、「私の大脳辺縁系が変化を嫌っているんだなぁ」と実感しています。

それと同時に、「新しいことを習慣づけるってこんなに簡単にできるんだ」と自信がつきました。

 

これはやはり、大脳辺縁系が味方についてくれたからに他なりません。

 

あなたは今、すでに習慣となっていることはありませんか?

それは大脳辺縁系が味方になっているからです。

この感覚を忘れずに、新しく始めたいことを限りなく小さくして、毎日続けてください。

 

これを行えば、誰でも簡単に習慣を身につけることが出来ます。

ブログはもちろん、筋トレや瞑想、読書、柔軟体操など、何でもです。

ぜひ試してみてください。

まとめ

今回の内容をまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 大脳辺縁系は変化を嫌う
  • 大脳新皮質は新しいことにチャレンジしようとする
  • 習慣を身につけようとするとき、脳内で大脳辺縁系と大脳新皮質が戦っている
  • 大脳辺縁系には基本的に勝てないので、味方につける
  • 大脳辺縁系を味方につける方法は「小さな習慣」
  • 大脳辺縁系が味方になると「習慣を止めてしまうこと」が出来なくなる

非常に重要なので繰り返しますが、ブログを習慣化させるためには、脳の仕組みの理解が非常に重要です。

そしてこの仕組みを理解し、正しい方法を実践すれば、あなたは必ずブログを習慣化させることが出来ます。

ぜひチャレンジしてみてください!

私は「三日坊主に悩むあなた」の味方です。何かわからないこと等がございましたら、お気軽にご質問ください。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければブログランキングのクリックをよろしくお願いします。
あなたのクリックが私の励みになります。

アフィリエイトランキング

 

クリックありがとうございましたm(_ _)m

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です